TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
抜け毛
ファーミネーターで抜け毛処理をしました。一皮むけて、一段といいオトコになったと思うのは親バカでしょうか😍👍
b0088328_12431168.jpg

[PR]
by tetoism | 2015-04-29 12:39 | フェネック~親兵衛(shinbe) | Comments(0)
親兵衛、2歳の誕生日おめでとう!!
あっという間に2歳になりました♪
b0088328_206451.jpg
今年の誕生日のご飯はこんな感じ。
そういえばお肉がなかったと思ったので、後でおやつをあげました(笑)
b0088328_2061641.jpg
何もこんな格好で食べなくてもねぇ・・・
アスパラを食べてるトコロ
b0088328_2062858.jpg
ちょいちょいしてみたり・・・
b0088328_2063922.jpg
くんくんしてみたり・・・
[PR]
by tetoism | 2015-04-27 20:10 | フェネック~親兵衛(shinbe) | Comments(0)
昭島市緑町のペットショップ「パピオン熱帯魚」に業務停止命令
b0088328_10401625.jpg

以下、新聞記事をそのまま転載します。
こんな見るからに不衛生な状態で動物が売れると思っているんだろうか・・・
バックヤードだったとしても、ニオイ等はごまかすことができるはずもなく・・・
この子達はどうなるんだろう・・・そのことのほうが心配・・・


狭いケージに犬や猫 都内のペットショップ

 東京都は21日、犬や猫を狭く不衛生なケージに入れて管理していたなどとして、東京都昭島市緑町のペットショップ「パピオン熱帯魚」を、動物愛護法に基づき1カ月の業務停止処分にした。都内のペットショップが業務停止処分を受けるのは初めて。都はこれまでに、同店へ34回の立ち入り調査を実施しており、飼育環境が改善されない場合、取扱業者の登録を取り消す方針。

 都によると、昨年6月に立ち入り調査した際、パピオンは約150平方メートルの店舗で犬29匹と猫28匹、鳥210羽の他、ハムスターなどの小動物を約20匹飼育していた。ウサギ用のケージに入れられて運動できない猫や、頭をぶつけるほど小さなケージに入れられた犬、ケージが狭くて羽ばたけない鳥などがいた。従業員もアルバイトを含めて3人しかおらず、清掃が不十分なため汚物が放置され、臭気もあったという。

 「犬や猫が狭いところにいる」「不潔で取り扱いが悪い」などという苦情や情報が今年3月までに、都へ約100件寄せられていた。都は34回にわたる立ち入り調査で指導を重ね、改善命令を出したが、期限までに改善されなかったため業務停止処分にした。

 都環境保健衛生課の担当者は「動物が売れ残っているのに、仕入れてしまう状況だった」と説明している。

毎日新聞 2015年04月21日 21時18分(以上、全て転載)

[PR]
by tetoism | 2015-04-21 23:33 | フェネック~法律・法令など | Comments(2)
<ヒトと犬>「見つめ」「触れ合い」深まる絆
b0088328_10492958.jpg
毎日新聞 4月17日(金)3時0分配信(以下、全て転載)
◇異種間で愛情ホルモン 麻布大などのチーム初確認

 犬と飼い主は、アイコンタクトや触れ合いで、お互いの親近感を高めているとの分析を、麻布大や自治医科大などのチームが17日付の米科学誌サイエンスに発表した。こうした行為で関連ホルモンが多く分泌されるようになった。この現象がマウスやヒトの母子間で起こることは実験で明らかになっているが、異種間での確認は初めてという。

【子犬の販売は生後何日から?】

 このホルモンは、母乳の分泌などを促すオキシトシンで、相手を信頼したくなる心理的な効果があると考えられており「愛情ホルモン」とも呼ばれる。

 チームは30組の犬と飼い主を30分間部屋で遊ばせ、尿に含まれるオキシトシンの濃度変化を調べた。その結果、長時間見つめ合ったペアはオキシトシン値がともに上がり、特に飼い主は約3倍に急増することが分かった。

 一方で、話したり触ったりを飼い主に禁じた実験では、犬のオキシトシン値は上がらなかった。このため、ヒトでは犬の「まなざし」、犬では飼い主との「触れ合い」が親近感を高めるのに重要な要素になっていることをうかがわせた。

 同様の実験をヒトに慣れたシンリンオオカミと飼い主11組で行ったところ、オオカミはじゃれついても視線を合わせず、それぞれのオキシトシン値は変わらなかった。

 麻布大の菊水健史(たけふみ)教授(動物行動学)は「一方のオキシトシンが増えると、相手の愛情表現を促す行動を取り合う好循環が生まれる。犬にはヒトと同様の寛容な気質があり、人間と『絆』を形成できる特異な動物ではないか」と話す。【清水健二】
[PR]
by tetoism | 2015-04-17 23:48 | TETOism~アニマルニュース | Comments(0)
リビアのフェネックの切手
またやっちゃいましたねぇ・・・
フェネックじゃないと思うんだけど、フェネックも写っているからOKかな?><
2種類Get's!!
b0088328_1135589.jpg
b0088328_1136560.jpg

[PR]
by tetoism | 2015-04-06 11:37 | フェネック~goods&Program | Comments(2)