TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
2009年 04月 15日 ( 1 )
My Collection~Dans la collection AMI-AMISの"FOXY le fennec"
b0088328_13314046.gifまたまたフェネック本のご紹介でーす。
これもフランスの本・・・と思ったら、どうやらベルギーの本のようです。公用語にはフランス語が使われているからなんでしょうね~。この辺りは良くわかりませんが・・・でも、初めてのベルギーの登場!
(ノ〃^▽^〃)ノ。・:*:・゚Congratulations♪

何だか見たことのあるような写真がたくさん掲載されてます(^^) ただ、本自体はそんなに厚い本ではなく、ページ数も多くはありません。出版は1974年。かなり古いものです。印刷もレトロな雰囲気をかもし出しています。それにしても、本の表紙のフェネったら、砂場に埋められてるんですけど・・・
本文は、写真と連動している箇所が多いので、内容は大雑把にご紹介。かなり端折っちゃいます。さてさて内容に入りましょう!

b0088328_1616252.gifある日、マリリンおばさんは、遠くから送られてきた来た謎の箱を開けてビックリ。その箱の中の隅っこには小さな珍獣が丸くなっていました。怖がっているし、間違いなく空腹で、そして喉も渇いているよう。
とても小さなフェネックは、アフリカはサハラ砂漠からジョージに送られてきたもの。直ぐに、信頼している獣医師の所でこのフェネックの飼育方法や生活環境などを教わりました。
3ヶ月が経過し、フェネックのフランシスとの生活はとても楽しいものでした。お気に入りの椅子から窓を眺めて何かを待っている様子。静かに人々が通るのをじっと眺めていました。でも、誰かが窓から覗こうとすると、とても不満がって「わんわん!」と犬のように吠えます。

砂漠では、夜に狩りをし、日中は眠っていました。私達は、夕方に食事を与えていました。小さくした肉や魚、そしてメロンやスイカを食べていました。フェネックは何所でも登ったりし、一番のお気に入りはキッチンでした。ジョージは家を作ってあげました。そこは基地のような場所で、水のカップも置きました。全て引っくり返されそうでしたが。大概フェネックはその家で過ごしていましたが、邪魔をするとすぐに牙を見せます。
とても小さくて細かい歯を持っていますが、それは針のように鋭いもの。ジョージは鼻を咬まれた日のことを忘れません...
大きなトランクや窓の近くには、籐の家が配置しました。何所へ行くにもアンクルおばさんについてきます。何か望みがある時には、上を向いて吠えます。
ジョージはフランソワと遊ぶことが大好き。掴もうとするけどとても早くて捕まえることができません。

b0088328_13371753.gifある夜、みんなが寝静まった頃、フェネックは窓を少し開けてそこから出てしまい、冒険に行ってしまいました...隣人に発見されたものの、とても強く叱られました。 フェネックは、サハラ砂漠の砂に穴を掘り、狩猟トラック(?)を持っています。この町で道に迷った場合には、家に戻ってこれなかったかもしれません。

フェネックは美しい大きな三角形の耳を持っています。常に耳を動かしていますが、見ただけで気持ちを理解することもできます。

フランシスは、砂漠に住んでいるフェネック。ジョージは大百科事典を読みました。サハラは大西洋岸の紅海の所にあります。フェネックは20センチ、尾の長さは殆どなく(?)、体小さい。白いお腹と砂色のコートが特徴。フェネックは、美しい耳と鼻を持っています。フェネックは夜行性の動物で、砂の中を脚で掘って潜伏しています。夜は食べ物を得る為に狩に出かけ、ネズミや昆虫を食べています。 フェネックは哺乳類で、母親は一度に2~3匹生み育てています。

旅行をしたり、散歩をする為に犬用の首輪をさせています。マリリンおばさんの所を逃げ出した後、今後逃げ出した時には戻ってこない可能性もあるからです。

フェネックを知らない人は、「おー、かわいらしい犬!」と言います。
電車や車、地下鉄に乗る時には、様子が伺えるように、透明で大きなウインドになっていて、暗くしもしてあげられるキャリーを選びました。

フランシスを初めて砂場に連れて行った時、足の下に穴を掘るかのように、物凄い速さで穴を掘り始めました。それは、それぞれの手に小さなエンジンをつけているかのようでした。 穴を掘ることがとても楽しいようです。

<登場したフェネックの紹介として>
● フェネックは小さなキツネで、アフリカのサハラのオアシスの近くに住んでいます。
● 家庭犬。肉食動物です。小さなネズミや昆虫を採って食べます。
● 哺乳類です。母親は、2~3匹の子供を生み、母乳で育てます。
● 夜行性ですが、昼間の生活にも慣れます。
● お腹は白く、砂の色の毛を持っています。夏には暗くなり、冬には厚くなります。体重は1キロで、尾は約20センチで、ほぼ体と同じ位。
● 砂に大掛かりな穴を掘りまくる。
[PR]
by tetoism | 2009-04-15 00:50 | フェネック~goods&Program | Comments(0)