TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
2009年 04月 13日 ( 1 )
My Collection~Top Geo1 "Africa Mediterranea"
ミッキーと冒険をしよう!っていう感じの本。
地図上にあるクイズやゲームをやりながら、矢印に沿って進もう・・・というものらしい。要するに、子供用の本ね。見ればわかるか♪
b0088328_1703912.jpg普通の植物は葉で光合成、地から水を得て育つけど、砂漠の場合は水を得るのに根が非常に発達する。ラクダのような動物も、長い脚によって、地表の熱から距離をおき、新鮮な空気を吸うことができる。
砂漠の生き物達は、上空300mへ上がるか、地表より高さを保って2m位の所で息をするか、地下1.5m位まで穴を潜って生活する必要がある。上空は27℃、地表より2m保てば38℃、地下に潜れば27℃位の快適さを得ることができるが、地面はその時、75℃もの熱を持っている。そのため、砂漠の地理や温度の秘密を知っている必要がある。

そんな感じの砂漠での生物の生育状況が簡単に書かれていて、フェネックはというと、何処に登場してくるのかというと、耳の発達している動物ということで紹介されていて、過剰な熱を放散するために使われているとし、フェネックギツネ、昆虫、ネズミやトカゲなどの小さな動物達にその特徴がみられると書かれていました。

この本は、勿論動植物のことだけではなくて、エジプト文明などの遺跡や歴史、文字やマーケットなどについても書かれていました。1999年の本だから、そんなに古いものではなく、ハードな表紙になっていて、この本はシリーズ1冊目。その他にもあるらしい。
[PR]
by tetoism | 2009-04-13 02:01 | フェネック~goods&Program | Comments(0)