TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
フェネックの輸入状況
動物検疫所の人が興味をもって色々と調べて下さいました。
フェネックの日本国内での血統管理がどの位有効なのかがわかればと思い、お知恵を拝借していたのでした。
動物を輸入する際には、必ず空港の動物検疫所と税関を通ることになりますが、検疫所を通る時には必ずinvoiceを提出しなければなりません。invoiceには輸出国の送り主の氏名や連絡先、輸入国の受取人の氏名や連絡先、動物の価格、頭数など、他にも記載事項はありますが、これを必ず提出して受理されなければ、日本国内には入ってくることはありません。
そこで、個人情報の開示ができないことは知っていましたが、せめて輸入国位はわかるだろうと聞いてみたところ、過去2002年から2005年までに輸入されたフェネックは、アメリカからの輸入個体であり、2004年には日本に到着し、狂犬病予防法の改正をまたいで2005年にカナダから2頭が輸入された以外には、他国からは一頭も入ってきていないのだそうです。
参考までに、2002年以降の輸入頭数は以下の通りです。
                        b0088328_2132959.jpg
 【農林水産省・動物検疫所のデータ】
  2002年 48頭(アメリカ)
  2003年 36頭(アメリカ)
  2004年 31頭(アメリカ)
  2005年  2頭(カナダ)
  2006年  0頭
  2007年  0頭
  2008年  0頭

狂犬病予防法が改正されて直ぐに、輸入がなされなくなったことが明らかになっています。
フェネックを輸入する際には、必ず入国後最低180日間の検疫所における係留が必要になっており、その間にかかる費用は約50万円(餌と水道光熱費などを含む)と伺いました。但し、係留期間中に不具合があった場合には、買主の了解の下、獣医に診せたりすることはあるそうですが、生体に対する係留中の保証は一切ありません。海外での販売価格が30万円だったとしても、国内に輸入する場合には、商品代金以外に、保管費用と税関へ支払う税金、そして送料がかかることになりますから、最低でも一匹当たりの金額は、90万円近いものになるのです。そのようなことから、2005年以降、パッタリとフェネックは輸入されなくなってしまったようです。

海外からの輸入個体で、年齢の若いフェネックであっても2003年生まれの子ですから、現在4~5歳位になるということ。
2000年以前については、もっと多くのフェネックが輸入されていたようですが、現在生きていたとしても8歳位になります。アメリカ以外からの輸入個体が、上手く血統を繋いでくれているといいのですが、実際には殆ど考えにくいということが農水省の数字から見えてしまったことは非常に残念であり、ある意味ショックでもあります。

次世代に繋がっていくフェネックが、花楓のような異常を少しも受け継がずに繋がっていってくれるといいのですが…

* * * * * * * * 2016.11.1 * * * * * * * *

フェネックの輸入は、検疫所で180日の係留が必要な動物で、必ず輸出国と輸入国の両方からナンバーをつけられます。フェネックに限らず、輸入される動物の全てには、係留の有無に関わらずナンバーが付けられています。
動物取扱業者であっても、このナンバーを見せて頂けない場合や動物に添付して頂けない場合は、お取引をやめられることをお勧め致します。検疫および税関を通過する際、必ず証明書が発行されますが、連絡先などは問題ではなく、ちゃんと日本の入口を通過したことがわかるかどうかが重要です。通過していない場合には、検疫所を通っていませんから、何かの病気を持っている可能性があります。係留がない動物も、一旦は検疫所を通過します。人に感染する病気を保有しているものがありますので、そのような危険を回避するためにも、動物を購入する場合には、当該動物もしくは、その動物の両親の証明書を確認させてもらうようにしましょう。輸出国側と輸入国側の個人の連絡先は黒塗りでも構わないと思いますが、証明できるか否かは大きな差になりますので、必ずチェックするようにしましょうね。提示してもらえない場合はブラックと考えて良いと思います。

個人のブリーダーにおいても、例えば20年前に輸入された動物にも、輸入している以上、国が発行したナンバーがついていますし、国に照会をすれば、誰が何の動物を何頭輸入したのかがわかりますので、どのような経緯を辿っているのかはブリーダーであれば血統管理をされているはずですから、これもまた証明が可能なはずですし、輸入した当事者であれば、照会は容易だと思います(個人情報を含むため)。

[PR]
by tetoism | 2008-05-28 23:59 | フェネック~販売情報 | Comments(2)
Commented at 2009-05-31 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-01 15:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。