TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
動物愛護法~オーストリアの法律
オーストリアには犬税があるそうです。
犬税は人間でいう住民税のようなもので、町の衛生面やドッグランのような施設に費用が当てられているそうです。こういう税金だったら支払いたいって思います、うんうん。勿論お役所がちゃんとやってくれるならですが。

それと、ペットショップは殆どなく、あっても一部の登録許可のあるお店のみで、通常はメディアを通して里親募集がなされるそうです。す、素晴らしい♪
日本のような愛護センターでたった3日間で殺傷される動物もいないそうで、そもそもそのような殺傷施設がないから、保護された子はメディアを通じて募集が行われ、多くの動物達が幸せに過ごしているみたいです。
日本も見直してもらいたい所デス。
メディアを通じて募集・・・いいではありませんか。大きな民放が放送する必要はなく、ケーブルTVでもいいんだもんね。地域の番組であれば、近所の人に譲り渡すこともできるし、安心感も違うように思うんだけどなぁ。

それから、こんな記事も見つけました。動物弁護士、是非日本でも活躍する時代が早くきてもしいものデス。そうなってくると、ペットに相続をさせるようなことなどもできるようになってくるかもしれませんよね。^^
↓ ↓ ↓
ALIVE海外ニュース 2005.11-12 動物保護:アメリカの後進性
動物保護法が最も進んでいるのは、イギリスではなく、オーストリアだ。 2004年5月、鶏を「バタリーケージ」に入れることを禁止する法案がオーストリア議会にかけられた。この法案は議会を通過したが、その際、議員のひとりとして反対票を投じなかった。また、毛皮用動物繁殖場も禁止されており、サーカスで野生動物を使用することも禁じられている。 生きている犬や猫を店頭で売買することも違法であり、みだりに動物を殺すことは刑法上の犯罪となる。そして、最も重要なのは、オーストリアではすべての州が、動物の代理として裁判の手続きを行うことのできる「動物弁護士」を任命しなければならないのだ。(同記事より抜粋)
b0088328_1339315.jpg
1974 TierversuchsG(動物実験法) 
1988 動物実験法(動物実験法を廃止して新たに作られたもの)
     Tierversuchsgesetz 1988     
1992 改正法:動物実験法に対するLD-50試験法の無効
     Unzulässigkeit des “LD-50-Tests” nach dem Tierversuchsgesetz
2004 強力な動物の権利法が制定:雌鶏から犬まで幅広く動物を保護
2005 改正法(大型霊長類の実験利用の禁止)
     Änderung des TierversuchsgesetzesFederal Act on the Protection of Animals
[PR]
by tetoism | 2011-10-22 01:27 | フェネック~法律・法令など | Comments(0)