TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
動物愛護法~台湾の法律
1999 動物保護法制定
「動物の生命の尊重と、その保護を目的として、ここにこの法を定める。」との条文から始まります。

台湾の動物保護法では、動物の飼養者は15歳以上、動物取扱業は免許制になっています。
飼い犬の登録を徹底し、登録時にはマイクロチップを義務付けるこのにより、今迄のイメージを大きく変え、犬と離れても飼い主の特定ができるようになったそうです。

私が注目した点は、第6章の刑罰でしょうか。
細かく項目が掲げられ、日本も少し見直したほうがいいのではないかと思う点も多々見受けられます。
強制力がなければ動物達の命も守れません。
但し、台湾も日本に酷似しているようで、その実態は動物に関する法律があっても、市民は無関心なのだそうです。ペット産業は盛んになりつつも、動物の地位の正確さを求めるには、まだまだ時間がかかるようです。

2003 拘肉の取り引きを禁止
2007 動物保護法改正案が通過
     動物虐待に対する罰則が強化され重犯者に対し懲役刑も規定
b0088328_13312744.jpg
 現行の条文規定(動物保護法第30条)によると、飼い主が飼育する動物を不必要な嫌がらせ、虐待、傷害から守らなかった場合、飼い主が飼育する動物を遺棄した場合、他者が飼育する動物に嫌がらせ、虐待、傷害を与えた場合、飼い主がけがまたは病気の動物に必要な医療を与えず、自治体が指定する期間内に改善を行わない場合、公共の場で動物を殺した場合、国が承認しない方法で動物を大量に殺した場合、国が承認しない方法で動物を殺した場合、1万元(約35,000円)以上、5万元(約175,000円)以下の罰金刑に処すとされているが、改正案によると、5年以内に上記の違反を2回以上繰り返した者に、1年以下の懲役刑が課せられると規定された。
 そして、動物保護法第31条では、動物輸送規定に違反した場合、動物の健康または管理上の必要なく医療行為や手術をした場合、獣医師の資格を持たずに緊急でないときに動物を殺した場合、獣医師の免許を持たず、または獣医師の監督なしに動物を殺した場合、現行の罰金刑に加え、5年以内に上記の違反を2回以上繰り返した者に、1年以下の懲役刑が課せられるとのこと。

「動物の虐待、遺棄行為に刑事罰を与えることは、国民に明確に動物虐待は犯罪行為であることを認識させることになり、動物保護における大きな進歩である」と、動物虐待事件の再発防止に台湾政府は期待を示しているそう。

ALIVE資料:海外の動物保護法 台湾の動物保護法(全文)
[PR]
by tetoism | 2011-10-18 02:18 | フェネック~法律・法令など | Comments(0)