TETOism
The lovely angel has carried
happiness to me from a desert

大きな耳と黒くて大きな目が特徴のフェネック。愛嬌たっぷりのTETO、花楓、親兵衛そして静香の物語。よろしくね(*^o^*)v
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Little More BCCKS
テトと花楓のオンライン写真集
見てあげてね!テトの写真集デス♪
Animal-related information
Participation site
にほんブログ村へ一票をお願いします人気blogランキングへ一票をお願いします
ペットショップモール PETTY
自由と正義 2009年[平成21年]Vol.60
b0088328_1332583.jpg日本弁護士連合会に所属していると、毎月送られてくる冊子「自由と正義」というものがあります。弁護士によっては、後ろに掲載されている公告を楽しみにしている人も・・・(懲戒やらが載っていたりするので・・・^^;)

昨年発行されたこの本には、今迄にはなかったペット関係の法律問題が特集として取り上げられています。内容はまだまだ広く浅くではありますが、専門家が読む本に掲載された画期的な一歩として私的には評価をしているところです。一般の書店では取り扱いがないので、弁護士会から個人的に取り寄せさせてもらいました。獣医療過誤訴訟(民事訴訟、刑事処分、行政処分)や獣医師の民事責任に関するノウハウ・・・知っておいたほうがいい情報満載デス。トピを見るだけでも興味をそそられる方は多いのでは?
43頁から69ページにまで渡る大きな記事となっています。^^

子供の人口よりも、今はペットの数のほうが多い世の中。考えなおさなければならない点が多いはずなのに、まだまだ国も情勢も追いついていないと思います。ただ、徐々にではあるものの、ペットが物ではなく生き物であることを認め、家族の一員であることにその存在を評価されてきていることは間違いありません。もっと多くの事例を増やすことによって、ペットとの住み良い環境づくりを多くの人達の積み重ねによって作り上げられるといいなぁと思っています。事例がなければ法律も変わりませんしね。

特集2 ペット医療過誤を取り巻く法律問題
 総論:ペットを取り巻く法律問題~渋谷寛弁護士
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ ペットに関してどのような法律問題が生じているのか
  Ⅲ ペットは「物」と同じか
  Ⅳ ペットを取り巻く法令
  Ⅴ おわりに

 日本における獣医療過誤訴訟と獣医師の民事責任~長谷川貞之弁護士
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 獣医療契約と獣医師の義務、医療水準
  Ⅲ 獣医療過誤と裁判例
  Ⅳ 結語

 獣医療過誤事件~浅野明子弁護士
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 事件の概要
  Ⅲ ペット事件の特徴
  Ⅳ 民事訴訟
  Ⅴ その後の経過と雑感
[PR]
by tetoism | 2010-01-19 00:23 | フェネック~法律・法令など | Comments(0)